先輩職員からのメッセージ

天野勇太(平成24年採用)(YMCA医療福祉専門学校卒)ケアサービス部ケアワーカー

「技術も心も向上させていくチャンスが多いところが好きです。」

今、こんな仕事をしています

食事、入浴、排泄といったことそうですが、ご入居者に「ちょっと」とお願いされる事や居室まで洗濯物を届けることなど様々です。ご入居者の身の周りを支える事も大切なことのひとつとして、日々の仕事を通し、学ばせていただいています。

この仕事のやりがい

私はやっぱり、ご入居者の笑顔です。その方の笑顔をより見せていただけるようになるには、自分に何が出来るかを考えることもこの仕事のやりがいに繋がっています。
 また、体調を崩された方が、また元気になる姿をみると、とてもやりがいを感じます。

芳洋会のここが好き

入職した時の研修制度で基礎を学べるところや職員の方々、芳洋会全体が温かく感じられるところです。

今後の夢や抱負は?

入職したばかりですので、少しでも早くご入居者のご入居者の生活に馴染めるよう、先輩職員の方々の良いと感じることを汲み取り、表現していきたいです。

就職活動中の方へメッセージ

私は芳洋会を知り、見て、聴いて、触れて、とても魅力的だと感じ取りました。私にとって理想に近い職場でした。ぜひ芳洋会を体験してみてください。

天野勇太(平成24年度採用)

南澤一裕(平成22年度採用)(帝京大学卒)ケアサービス部ケアワーカー

「お年寄りの笑顔」が私のパワーの源です。」

今、こんな仕事をしています

ケアワーカーとして、ご入居者さんの日々の生活のお手伝い(主に食事・排泄・入浴介助など)をしています。また、ご入居者さんの生活にまつわる様々なリスクについて調査し、転倒・転落などを防ぎ、安全・安心な生活を送っていただけるよう「リスクレポート」をというレポートを毎月作成して、情報発信しています。

この仕事のやりがい

とてもシンプルな事ですが、私達は日々ご入居者さんの生活に関わるお手伝いをしているので、皆さんが毎日変わらず元気に、笑顔で過ごしている事を見られる事でやりがいを感じます。
 

芳洋会のここが好き

人材育成に力を入れており、研修や勉強会など、自分が学ぶ機会を作ってくれる所がとても好きです。また資格取得に対するサポートも厚く、私は現在働きながら、通信制の学校に通っているのですが、「学校に行きたいんです。」と相談した時も、快諾してくれました。
 

今後の夢や抱負は?

ご入居者の皆さんにより良いサービスを提供できるよう、更なるスキルアップを目指します。その為に、介護福祉士・社会福祉士の資格を取得します。

就職活動中の方へメッセージ

ホームページをご覧になって、少しでも興味が湧いたら是非施設見学に来ていただきたいと思います。自然に囲まれた環境で、一緒に働いてみませんか?
 

南澤一裕(平成22年度採用)

八重樫悠(平成20年度採用)(早稲田速記医療福祉専門学校卒)ケアサービス部ケアワーカー

「ご入居者と心が通った瞬間、「信頼関係」を築けたと思いました。」

今、こんな仕事をしています

私達は、この施設に入居されている方々の「生活そのもの」支えていく仕事をしています。主に食事、排泄、入浴、レクリエーションなどのお手伝いをしています。その日だけを見るのではなく、その方の過去、そして今後の生活も考えて支援しています。

この仕事のやりがい

ご入居者が笑顔で「ありがとう」と話して下さった時など元気をたくさん頂いています。 まだまだ失敗することもありますが、ご入居者、職員の元気な笑顔に支えられながら私自身も成長できているのだと日々実感しています。この仕事は「おもいやり」を肌で感じる事ができ、優しい気持ちになり人間として成長できます。
 

芳洋会のここが好き

@「人材育成研修に積極的に取り組んでいるところ」

A「自然豊かな環境に囲まれ、施設からの景色がとても良くマイナスイオンを
   全身で浴びれるところ」

B「職員の方々が笑顔で仕事に一生懸命なところ」

この3つが、第一印象からとても好きな所です!

また、入社当時から法人理念にも強く共感しています。

今後の夢や抱負は?

「常に笑顔を忘れず」「一人ひとりを大切に」を自分のモットーとして何事にもチャレンジして取り組んでいきます!介護について追求し、ご入居者に安心して頂けるようにしていきます。まずは、介護支援専門員の合格を目指しています。

就職活動中の方へメッセージ

ホームページを見て共感できる点、興味を持てた点がありましたら、是非一度、日の出ホームまで足を運んで頂けたらと思います。施設を見学して自分の目で見て感じる事が一番だと思います。皆様とお会いできることを心からお待ちしています!
 

八重樫悠(平成20年度採用)

富田尚也(平成19年度採用)(都留文科大学卒)ケアサービス部サブマネージャー

「利用者と、心が通じ合った瞬間を感じたとき、次への原動力になります。」

今、こんな仕事をしています

ご入居者の日常の生活のお手伝いをするとともに、サブマネージャーとして、職員の育成や仕事の調整を行っています。芳洋会の理念である「安心と充実の人生をご一緒に」の実現のため、日々努力しています。

この仕事のやりがい 〜想いが通じ合ったとき〜

私たち介護士は介護をする側ですが、ご入居者から元気をもらうこともしばしばです。「大変ねえ、いつもご苦労様」など、声をかけていただくことや、ご入居者の意外な一面や笑顔が日々のケアの中から見出せたりすることが小さな幸せであり、モチベーションにもなります! また、職員間で話し合って方向性を決め、実践した結果「事故が減った!」「入居者の希望に沿うことができた!」など、試行錯誤の果てに成果が見えたときにやりがいを感じます。

芳洋会のここが好き

トップダウンでなく、自分たちでケアの方法などを決めていけるところ 研修・委員会などの育成システムが充実しているから、自分自身の成長やスキルアップができること 介護の仕事は「ご入居者のため」が根底にありますが、「自分のため」という部分も大きいと思っています。それが、芳洋会の理念にある、安心と充実の人生を「ご一緒に」という意味だと考えています

今後の夢や抱負は?

仕事を通して、人間として成長したいですね。目標は、入社したときから変わりません「入居者・職員から信頼される職員」です。

就職活動中の方へメッセージ

とにかく就職説明会などで現場を「見る」ことだと思います。その会社・施設の雰囲気が感じ取れるからいろいろな説明会に参加し、いろいろな現場をみてください。 その中で、芳洋会に対して共感できるものがあれば、共に成長しあえる仲間として、一緒に頑張っていきましょう!

富田尚也(平成19年度採用)